FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月25日登録の新ファンド、新販売会社(EDINETより)

新ファンドは3本です。

3月28日 「 ダイワ米国高利回り不動産証券ファンド 」 ( 大和 ) 大和証券
当ファンドは、米国の不動産ローン担保証券に投資し、高利回りの獲得を追求することにより、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざします。為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジを行ないます。

4月5日 「 CAMインドシナ5カ国ファンド 」 ( キャピタル ) キャピタル・パートナーズ証券
ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー5か国の株式、及びベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー5か国の関連企業の株式等を主要投資対象とします。関連企業とは、ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー5か国で営業を行なう、もしくはベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー5か国の経済動向から影響を受ける企業をいいます。また「ベトナム関連株マザーファンド」を組み入れる場合があります。

3月27日 「 朝日ライフ・MSCI・グローイング・アセアン株式ファンド 」 ( 朝日ライフ ) 藍澤證券、極東証券、立花証券、日産センチュリー証券、廣田証券、水戸証券
東南アジア諸国の株式に投資し、MSCI東南アジアGDPアロケーション指数(円換算ベース)の中長期的な動きに概ね連動する投資成果を目指して運用を行います。外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

販売会社の追加は次のとおりです。

「 新光Wベア・日本株オープンⅢ 」 ( 新光 ) ひろぎんウツミ屋証券、大山日ノ丸証券、岩井コスモ証券(2月28日)、おきなわ証券(2月28日)、三豊証券(2月28日)、楽天証券(3月1日)、日本アジア証券(3月4日)、SBI証券(3月19日)
「 新光Wブル・日本株オープンⅢ 」 ( 新光 ) ひろぎんウツミ屋証券、大山日ノ丸証券、岩井コスモ証券(2月28日)、おきなわ証券(2月28日)、三豊証券(2月28日)、楽天証券(3月1日)、日本アジア証券(3月4日)、SBI証券(3月19日)
「 新光トルコ・リラ債券ファンド(毎月決算型) 」 ( 新光 ) 永和証券
「 新光メキシコ・ペソ債券ファンド(毎月決算型) 」 ( 新光 ) ひろぎんウツミ屋証券、永和証券
「 ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(1年決算型) 」 ( ピクテ ) 滋賀銀行

以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

Secret

リンク
ショッピングカート
Amazon人気商品
google
Amazonおまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。