FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月22日登録の新ファンド、新販売会社(EDINETより)

新ファンドは11本です。

4月9日 「 ブラジル公社債オープン 」 ( みずほ ) 該当事項はありません。
ブラジルの債券等を実質的な主要投資対象とします。

5月13日 「 グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)2013-05 」 ( 三菱UFJ ) 三菱東京UFJ銀行
日本を含む世界の金融機関が発行するハイブリッド証券(劣後債および優先証券等)等を主要投資対象とし、主として利子収益の確保をめざします。ハイブリッド証券等への投資にあたっては、G-SIFIs(Global Systemically Important Financial Institutions)が発行する銘柄を中心に投資します。主として信託期間内に償還またはコール可能日を迎える銘柄に投資を行います。ただし、信託期間内に組入債券が償還した場合等、ハイブリッド証券のほか、普通社債や国債等に再投資することがあります。そのため、ハイブリッド証券の組入比率が低下することがあります。債券等の運用にあたっては、ユニオン・バンケール・プリヴェ・ユービーピー・エスエーに運用指図に関する権限を委託します。組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減をはかります。市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

4月15日 「 コドモ ファンド 」 ( クローバー ) クローバー・アセットマネジメント
当ファンドは、複数のファンドに分散投資を行う、ファンド・オブ・ファンズ方式により、投資家の方々に長期の株式投資を提供することを目的にし、信託財産の長期的な成長を目指した運用を行います。

5月1日 「 シェール関連日本株ファンド 」 ( 明治安田 ) 東海東京証券、ワイエム証券株式会社、宇都宮証券
主として、マザーファンド受益証券を通じて、シェール革命の経済波及効果から期待される世界経済、社会の変革に着目し、主として日本の金融商品取引所に上場されている株式(これに準ずるものを含む)に投資します。

5月13日 「 EXE-i 新興国株式ファンド 」 ( SBI ) SBI証券
主としてETF(上場投資信託)への投資を通じて、新興国の株式へ実質的に投資します。本ファンドは新興国の株式市場の値動きと同等の投資成果をめざします。当初、FTSE エマージング・インデックス(円換算ベース)を参考指標とします。

5月13日 「 EXE-i グローバル中小型株式ファンド 」 ( SBI ) SBI証券
主としてETF(上場投資信託)への投資を通じて、世界(日本を含む)の中小型株式へ実質的に投資します。本ファンドは世界(日本を含む)の中小型株式市場の値動きと同等の投資成果をめざします。当初、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス・スモールキャップ(円換算ベース)を参考指標とします。

5月13日 「 EXE-i 先進国債券ファンド 」 ( SBI ) SBI証券
主としてETF(上場投資信託)への投資を通じて、先進国(日本を含む)の債券へ実質的に投資します。本ファンドは先進国(日本を含む)の債券市場の値動きと同等の投資成果をめざします。当初、シティグループ世界BIG債券インデックス(円換算ベース)を参考指標とします。

5月13日 「 EXE-i グローバルREITファンド 」 ( SBI ) SBI証券
主としてETF(上場投資信託)への投資を通じて、世界(日本を含む)のREIT(不動産投資信託)へ実質的に投資します。本ファンドは世界(日本を含む)のREIT(不動産投資信託)市場の値動きと同等の投資成果をめざします。当初、S&P先進国不動産指数(円換算ベース)を参考指標とします。

5月13日 「 EXE-i 先進国株式ファンド 」 ( SBI ) SBI証券
主としてETF(上場投資信託)への投資を通じて、先進国(日本を除く)の株式へ実質的に投資します。本ファンドは先進国(日本を除く)の株式市場の値動きと同等の投資成果をめざします。当初、MSCI KOKUSAI(コクサイ)・インデックス(円換算ベース)を参考指標とします。

4月25日 「 シェール関連株オープン 」 ( 岡三 ) 岡三証券、静岡東海証券、大山日ノ丸証券、播陽証券、丸福証券、益茂証券、八幡証券
マザーファンドの受益証券への投資を通じて、実質的に米国、カナダおよびメキシコのシェール関連企業の株式(DR(預託証券)を含みます。)に投資します。投資にあたっては、米国、カナダおよびメキシコの企業の中から、シェールガス/オイルの生産拡大により成長が期待される企業、エネルギーコストの低下により恩恵を受ける企業に着目します。ポートフォリオの構築にあたっては、投資環境および企業の業績動向、成長性等を勘案して行います。原則として、株式の実質組入比率は高位とします。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

4月23日 「 オランダ株式ファンド 」 ( カレラ ) 安藤証券
「オランダ株式ファンド」は、主としてオランダの金融商品取引所に上場している企業または同国において主な事業を展開する企業の株式、預託証券、優先株式ならびに株価に連動する効果を有する有価証券、不動産投資信託証券等に投資し、信託財産の中長期的な成長を目指します。

販売会社の追加は次のとおりです。

「 BAMワールド・ボンド&カレンシー・ファンド 」 ( ベアリング ) 青森銀行(3月25日)
「 ピムコ変動利付日本国債ファンド クラスα 」 ( ピムコ ) 野村證券(3月25日)
「 エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)為替ヘッジあり 」 ( 国際 ) 岡三オンライン証券(4月2日)、東洋証券(4月1日)、青森銀行(3月25日)
「 エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型) 」 ( 国際 ) 東洋証券(4月1日)、青森銀行(3月25日)

以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

Secret

リンク
ショッピングカート
Amazon人気商品
google
Amazonおまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。