FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月19日登録の新ファンド、新販売会社(EDINETより)

新ファンドは5本です。

6月7日 「 ニッポン創業者株式ファンド 」 ( SBI ) SBI証券
わが国の金融商品取引所に上場する創業者が経営する企業の株式に投資を行います。銘柄選定基準は、原則として下記基準をすべて満たす企業となります。A.創業者が社長、最高経営責任者、会長など企業経営の重要な決定権を持ち、経営している企業 B.創業者が自社株式を保有していること C.日本の証券取引所に5年以上上場している企業 銘柄選定に当たっては、Horizon Asset Management LLC(以下、「ホライゾンAM社」)のジャパン・ファウンダーズ戦略選定銘柄を参考にします。

5月28日 「 メキシコ債券&株式ファンド 2013-05 」 ( ニッセイ ) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
メキシコのソブリン債券※1およびメキシコの金融商品取引所上場(これに準ずるものを含みます)株式を主要投資対象とします。債券への投資については、メキシコのソブリン債券に投資し、メキシコ・ペソベースでの安定した収益の確保をめざします。株式への投資については、メキシコ・ペソベースでの投資成果がボルサ指数に連動することを目標とします。

5月7日 「 野村インデックスファンド・外国株式・為替ヘッジ型 」 ( 野村 ) 野村證券、SBI証券、マネックス証券、楽天証券、野村信託銀行
外国の株式を実質的な主要投資対象とし、MSCI-KOKUSAI指数(円ベース・為替ヘッジあり)※2の動きに連動する投資成果を目指して運用を行ないます。

5月21日 「 米国エネルギー革命関連ファンド 」 ( 野村 ) みずほ銀行
米国の金融商品取引所に上場されているエネルギー関連事業等に投資するMLP(マスター・リミテッド・パートナーシップ)を実質的な主要投資対象とし、高水準のインカムゲインの確保と中長期的な信託財産の成長を図ることを目的として積極的な運用を行なうことを基本とします。

5月31日 「 アジアREITオープン(毎月分配型) 」 ( 日興 ) エース証券、丸八証券
主として、日本を除くアジア諸国の不動産投信を主要投資対象とする投資信託証券に投資を行ない、インカム収益の確保と信託財産の成長をめざします。

販売会社の追加は次のとおりです。

「 ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型) 」 ( 大和 ) 長崎銀行
「 LM・アメリカ高配当株ファンド(毎月分配型)(年2回決算型) 」 ( レッグ・メイソン ) ふくおか証券(4月22日)
「 スパークス・ジャパン・スモール・キャップ・ファンド 」 ( スパークス ) エイチ・エス証券(4月22日)
「 DWS ブラジル・レアル債券ファンド(年1回決算型) 」 ( ドイチェ ) カブドットコム証券
「 DWS ブラジル・レアル債券ファンド(毎月分配型) 」 ( ドイチェ ) カブドットコム証券
「 ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)(年2回決算型) 」 ( 大和 ) 証券ジャパン
「 BNPパリバ・ブラジル株式オープン 」 ( BNPパリバ ) マネックス証券(4月25日)
「 フィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンドAコース(為替ヘッジ付き)Bコース(為替ヘッジなし) 」 ( フィデリティ ) 髙木証券、三菱UFJ信託銀行

以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

Secret

リンク
ショッピングカート
Amazon人気商品
google
Amazonおまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。