FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月26日登録の新ファンド、新販売会社(EDINETより)

新ファンドは6本です。

5月14日 「 ヨーロッパ高配当株オープン(毎月決算型) 」 ( 三井住友トラスト ) SBI証券
主要投資対象ファンドへの投資を通じて、主としてMSCIオール・カントリー・ヨーロッパ・インデックスに採用されている国・地域の株式の中から予想配当利回りが当該インデックスの平均(加重平均、今期予想ベース)と比較して高いと判断される銘柄を中心に投資します。ただし、MSCIオール・カントリー・ヨーロッパ・インデックスに採用されていない国・地域の株式にも投資することもあります。

5月31日 「 欧州ハイ・イールド債券ファンド(毎月決算型)為替ヘッジあり 為替ヘッジなし 」 ( 国際 ) 岩井コスモ証券
欧州通貨建のハイ・イールド債券を主要投資対象とします。

5月31日 「 海外消費関連日本株ファンド 」 ( 新光 ) むさし証券、岩井コスモ証券、ちばぎん証券
わが国の金融商品取引所上場株式(上場予定を含みます。)を主要投資対象として、海外市場での消費の高度化や訪日外国人の消費拡大で収益の増加が期待される企業の株式に投資を行い、値上がり益の獲得を目指して運用を行います。

5月21日 「 DIAM新興企業日本株ファンド 」 ( DIAM ) 丸三証券、岩井コスモ証券、静岡東海証券、SBI証券(5月22日)
主として今後値上がりが期待できる国内の新興企業への投資を通じて、中長期的な信託財産の成長を目的として、積極的な運用を行います。当ファンドにおいて新興企業とは、優れた経営者のもとで新しいビジネスモデルや経営戦略を果断に実行し付加価値の高い新商品を積極的に市場に投入するなどして、企業価値を増大させている(または今後の増大が期待できる)とDIAMが考える企業をさします。

6月14日 「 りそな世界優先証券ファンド2013-06(為替ヘッジあり/限定追加型) 」 ( アムンディ ) りそな銀行、近畿大阪銀行
G-SIFIs(Global Systemically Important Financial Institutions)に指定された金融機関が実質的に発行する優先証券を中心に投資します。信託期間(約3年)以内に次回の繰上償還日が到来する優先証券に投資します。

5月24日 「 アメリカ高配当株オープン(毎月決算型)(年2回決算型) 」 ( 三井住友トラスト^ ) 東洋証券
レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社が運用を行う「LM・米国高配当株ファンド(適格機関投資家専用)」(以下「主要投資対象ファンド」という場合があります。)への投資を通じて、主として米国の金融商品取引所に上場等している株式(優先株式を含みます。)及びMLPに投資します。

販売会社の追加は次のとおりです。

「 エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)為替ヘッジあり 」 ( 国際 ) りそな銀行(5月1日)、近畿大阪銀行(5月1日)、日本銀行(5月13日)
「 ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 」 ( 国際 ) おきなわ証券(5月13日)、山和証券(5月13日)
「 エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型) 」 ( 国際 ) SMBC日興証券(5月7日)、かざか証券(5月7日)、みずほ証券(5月1日)、徳島銀行(5月13日)
「 ユーロランド・ソブリン・インカム 」 ( 国際 ) SMBC日興証券(5月7日)
「 ワールド・リート・オープン(1年決算型) 」 ( 国際 ) 山和証券(5月13日)
「 メキシコ債券オープン(毎月分配型) 」 ( 大和住銀 ) 三重銀行(5月2日)

以上です。
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

Secret

リンク
ショッピングカート
Amazon人気商品
google
Amazonおまかせリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。